ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • ユダヤ人を知る
    7月の猛暑で8月はどうなるかと思ったら、涼しい日が続く。

    2、3年前も同じような気候だった覚えがある。

    涼しいのはいいけど雨とか冷夏は作物、特にお米や野菜大好き人間にとっては気がきじゃない。

    地デジにかわってすっかりテレビを見なくなった、いや、見られなくなった。

    世界水泳とかヤクルト戦の中継とかお宝探偵団は、見たいなぁ〜と思うけど我慢するうち慣れてきた。

    でも夜中の地震の時だけは今だに地デジチューナーを購入しておかなかった自分を悔い〜る。

    だってチューナーの価格があっという間に5倍以上になっているのだ。

    ラジオだな。それともワンセグケータイに変える。まあ、ゆる〜い感じで決めよう。

    「ユダヤ人の頭の中」(アンドリューJサター著、インデックス・コミュニケーションズ)を読んだ。

    連日ネット上でユダヤ陰謀説やらユダヤ金融マフィアみたいな文字が踊っている。

    モーゼの十戒、旧約聖書、イスラエルやナチスのユダヤ人大量虐殺、ロスチャイルド、ユダヤ資本など断片的には知っているが、はたしてどうなんだろう?

    そんなときこの本を図書館で見つけ早速、借りた。

    一時はソニーに勤務したこともあるユダヤ人の弁護士(日本人の夫人が翻訳)が書いたユダヤ人やその歴史、宗教などをわかりやすく解説した内容だ。

    筆者は日本でたくさん出版されるユダヤ人金持ち法則など、その手の本に対抗してビジネス向けに書いていたそうだが、その割にはデザインセンスや見出しが中途半端で正直、つまらないかな、と期待していなかった。

    ところがどっこいしょ!面白い!というよりほとんどユダヤ教やユダヤ人について知らない自分に驚いた!

    ユダヤ人が書いているのでもちろん偏りはあるだろうがとにかくわかりやすい。

    614条もある生活規則を説くトーラーやタルムード(法典問答集)やコーシャ(食べ物の決まり)、ユダヤ人のDNA的性向などなど解説している。

    下世話な話だと、エリザベス・テーラーとサミー・デイビス・ジュニアはユダヤ教に改宗した人たちだそうだ。

    あとコーシャという食べ物に対する制限もいろいろあってミルクと牛、つまり同種のものは一緒に食べてはいけないとか魚はヒレとウロコがついていないとダメ!とか。カニ、エビなどはだから禁忌。

    だからさすがアーミッシュじゃないが現代では生きて行けないということでリフォーム派などある程度自由にしてもいい宗派が生まれアメリカのユダヤ人はほとんどリフォーム派だという。

    それに対して厳格なウルトラ・オーソドックス派やコンサバティブ派なども存在する。

    厳格にいうとユダヤ人とはユダヤ人の母親を持つものに対して指すという。

    ロスチャイルドやウォーバーグなどはユダヤ人だがロックフェラーは違うらしい。

    フリーメイソンにもユダヤ人は長い間、入れなかったそうだ。

    とにかく元をたどればキリスト教がローマ人の権威確立のためユダヤ人をスケープゴートつまり悪者に仕立て上げた結果、偏見と差別が拡大解釈され広まってしまったということも言える。

    それが日本や非ユダヤ人たちに刷り込まれ続けてきたのだ。

    もちろんモスリムにだってアルカイーダとかほんの一握りの悪者はいる。

    それはどの宗教、国民かぎらず存在する。早い話、同級生の中にも悪いやつはいた。

    ただユダヤ人は迫害の長い歴史を生き延びてくるため、いろいろな知恵や自衛手段を習得しないといけなかった。

    また、トーラーなど明文化された法典を読んだりタルムードの解釈などの必要性から文盲率も低い。

    流浪の民のためにいろいろな文化・習慣・言語にとけ込まなければならなかった。

    それらの結果、ノーベル賞受賞者などを圧倒的多数で排出する賢い民族?になったのだ。

    現代アート界もアメリカやフランス、特にニューヨークはユダヤ人組織がとても強い。

    自分もそのうちNYのギャラリーやユダヤ人大富豪とつき合うようになるだろうから相手を知っておかないとね!

    シャローム!
    9-197m.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    暑中お見舞い申し上げます
    福島原発被災は世界に向け大きな課題を投げかけました。

    まだまだ予断を許さない状況ですが、心より復旧作業にたずさわっている方々の安全とご健康を祈ってやみません。

    来る9月3日から南スウェーデン・ヘルシンボリにあるYOSHIO NAKAJIMAミュージアムにて個展を開催。

    震災でかなり落ち込み迷ったのですが、そうだ、前を向いて歩こう!

    光栄にも2003年よりアートセンターとして運営されていたこの施設の初の日本人企画展となりました。

    新作の青い大気シリーズや青い枠シリーズ、青い女性シリーズ(各202点1セット)などを発表します。

    初日の9月3日には、昨年イスタンブールでも好評を博した早乙女和完氏(三味線)とのオープニングパフォーマンスも上演いたします。

    会場はデンマーク・コペンハーゲンから近く(電車で1時間弱)、北欧を中心に活躍されている現代美術家中島由夫氏と彼が活動していたコブラグループの作品、伝統陶芸ラウス焼き工房が併設された美術館として今年5月にオープンしました。

    中島氏はここでロイヤルコペンハーゲンの陶土と職人たちとのコラボレーションでスウェーデン女王ビクトリアの結婚祝いの作品も制作しました。

    おそらくスウェーデンのみならずヨーロッパでも唯一の日本人の名を冠した美術館だと思います。

    もしお近くにお知り合いの方などいらっしゃいましたら、ぜひお知らせいただけたら幸いです。

    では、暑い日がまだまだ続きますがどうぞご自愛のほどお祈り申し上げます。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ホルモン関根個展「After 311, after nuclear」
    Blue atmosphere series new works

    2011年9月3日〜25日、11:00〜16:00(入場無料&無休)

    オープニングパフォーマンス 9月3日 14:00〜
    出演:ホルモン関根、早乙女和完(三味線)

    YOSHIO NAKAJIMA MUSEUM & KONSTHALL
    中島由夫美術館
    住所:Lokmansgatan 8, 253 62 Helsingborg, SWEDEN
    Tel:042-26 01 30 www.yoshionakajima.net

    ーーー(作品について)ーーーーーー

    国家とは何か?
    言い換えれば、もし国家がなかったらどういう状況になっていたか?
    現在よりよくなっていたか?
    人類は国家の代わりにどういうシステムを作り出していたか?

    ・・・今回発表する「青い大気」「青い枠」「青い女性」シリーズはこのようなテーマをベースに制作しています。

    そのため各作品の大きさや描かれているイメージはひとつの国を特定しません。
    もうひとつのテーマ、あおひと君のようにこれらに登場する人物たちも青い色で描かれています。
    現在、世界に193カ国の国連加盟国と9の非加盟国が存在。
    そのため、これらのシリーズは202点で1組になります(作品ごとに通し番号を記入)。

    ーーー(中島由夫氏について)ーーーーーー
    1940年埼玉生まれ。60年代は草月会館でのパフォーマンスなどで名を馳せるが渡欧。カール・アペル、アレチンスキーなどで有名なコブラ芸術運動に参加。アスガー・ヨルンの弟ヨルゲン・ナッシュとコブラを引き継ぐ。
    過激な行動でオランダ、ベルギーと国外退去の末、スウェーデンにたどり着き成功への道を歩み始め今年で在スウェーデン40年となる。
    パブリックコレクションは北欧を中心にアントワープ美術館、ストックホルム近代美術館、オークランド美術館、ベルリンナショナルギャラリー、ニューヨーク大学など世界中100箇所以上にのぼる。日本では埼玉近代美術館、日動美術館など。
    DM.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    地デジになるのか!
    台風の影響で東京もここ数日、とても涼しい日が続いた。

    セミの声を聞かない!というツイートが多かったけど、やっと都心でもミンミンゼミ、ニイニイゼミ、アブラゼミの声が聞こえ始めた。

    少しホッとする。

    さあ、明日正午で地デジに移行する。

    テレビは地デジ非対応だったので室内アンテナにしたが、ほとんど映らない。

    先日のナデシコ決勝とかスポーツ番組は見たいが、球の行方もよくわからない映像で我慢している。

    今はユーネクストというネット局で代わりにアメリカのTVドラマやナショナルジオグラフィックなどを鑑賞、これらがとても面白い。

    先日、アメリカに住む友人が帰郷の折、会ってその話題になると、彼もハマッていてまだ日本じゃ放映されないドラマも面白いのがたくさんあるといっていた。

    最近、気に入っているのがバーンノーティス、NCIS,NCIS−LA、キャッスル、ライ・トゥー・ミー、ロスト、ギャラクティカ、などなど

    グリー、ボーンズ、ドクターハウス、ナンバーズやアメリカンアイドルはイマイチかな。

    それら各ドラマに言えるのはハリウッドの伝統なのか脚本が凝っていることだ。

    プリズンブレイクもそうだがたたみかけるようなストーリー展開と最先端な専門知識が素晴らしい。

    というか視聴率が落ちるとすぐに終了してしまうのだ。

    だから作る方も必死だ。

    多民族国家ならでは、白人、黒人、ラテン、アジア系キャストがいるのも楽しい。

    これもまんべんなく各人種に見てもらえるように平等に登場させているのだろう。

    前にも書いたけどお気に入り女優のギャラクティカでブーマー役だった韓国系美女グレース・パークは最近、新ハワイ5-Oという番組に出演中らしい。

    残念ながらユーネクストで放映されるのは当分先のことだろう。

    そういえばロストのファイナルシーズンには真田広之が出演しててビックル一気飲み!

    あとストーリー以外でも文化習慣の違いが読み取れるから面白い。

    部下がボスの机に平気で座ったり足をおいたりしてもボスは気にしない。

    食事は食べ方が醜いし平気で捨てる。

    無茶な行動をしても決してそのことを咎めたりはしないのはさすが開拓者魂の名残り?

    セルビア(旧ユーゴの軍隊)とアルカイーダが常に悪役になっている。

    だけどあまりIRAは登場しない。

    唯一バーンノーティスの相棒フィーが元IRAだったらしいが。

    いいことも多く、実社会は知らないが出世に男女差がない。

    番組のセットに飾ってある調度品の絵画が現代美術が多くクオリティが高い。

    特にロスの金持ちが絡む事件になると必見!

    最近では現代美術ギャラリーが舞台になることもあるがやっぱり、ドラマの中では訳の分からないアウトサイダー的な扱いなのは仕方ない。

    もしろんゲイも若干、差別の対象だが公認。グリーではカートのような高校生も登場している。

    ハリウッド映画業界が低迷しているのかもしれない。

    NCISではかって小さい頃、日本でも放映していた0011ナポレオンソロでイリヤ・クリヤキン役のデイビッド・マッカラムが監察医役でいい味だしているのだ。

    でもすいぶんオジイチャンになっていたなぁ。
    9CIMG2432.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ミツバチの羽音と地球の回転
    なでしこジャパン、おめでとう!

    久々に明るいニュースに溜飲を下げる。

    明け方だから一人、部屋でヤクルトがサヨナラ勝ちしたみたいに雄叫びはあげられなかったけど、思わず熊谷さんがゴールを決めたときは小さく叫んだ。

    ところで今日、NPOが自主上映していた「ミツバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ監督)見に行った。

    オフィシャルサイト http://888earth.net/index.html

    江東区文化センターでの一日限りの上演だったので予約で満席。

    内容は瀬戸内海の上関原発に対する近隣住民の原発建設反対運動のドキュメンタリー。

    そのなかでスエーデンの電力事情も三分の一くらい紹介している。

    実は来月末から行くスエーデンを舞台にした映画だと思っていたので最初は、あれっ〜と思ったが内容が今にピッタリだったのですぐに引き込まれた。

    瀬戸内海の海は多種多様な生物の楽園でもありほんとうに美しい。

    これを埋め立てて巨大なコンクリートの固まりを作る計画だ。

    もちろん福島原発事故前だったら原子力発電の可能性や必要性は聞く耳はあったと思う。

    というより東京に住んで自分自身に切羽詰まった事態がないと本当に現実感がない。

    自分も含めその辺の意識が低いというか余裕がないというのか。。。

    スエーデンでは電気を選ぶことができ(ドイツもだ)スエーデン人が自然代替えエネルギーをきれいな電気と呼んでいた。

    スエーデンでは1980年にすでに国民投票で脱原発が決まったが2008年に建設できるようになったというが、やっぱり計画はないらしい。

    しかしショック・ドクトリンではないが電力会社の経営実態は驚きだ。

    電源開発促進法では電気料金の中に原発自治体に払う電源立地地域対策交付金が含ませることができ、もちろん明細書には明記されていないという。

    総括原価方式というのは原価に報酬を上乗せした額で小売価格を算定する方法で主に公共料金(電気やガス)に適用されるという。つまり一般企業ではありえない価格設定だ。2008年から3%だそうだ。つまり純利益。こんな経営は中国みたいだ。

    知らなかったなぁ〜。

    とにかく311で日本は変わった。でも遅かれ早かれこういう災害は起こったと思う。

    ところで知人たちの展覧会告知です。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    リトグラフのグループ展
    Ink on Paper
    出品作家
    O JUN 
    野村和弘 
    小林孝亘
    金本悠多河
    宮嶋葉一
    戸川英夫
    塩原有佳
    会期 | 2011/7/3(日) ~ 8/30(火)
    開場時間  | 11:00 ~ 21:00 無休
    会場 | TIME & STYLE MIDTOWN
    〒107-0052   東京都港区赤坂9-7-4  東京ミッドタウン ガレリア 3F
    Phone:03-5413-3501 / Fax:03-5413-3502
    URL : http://www.timeandstyle.com/ja/shop_midtown.html

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ヨウナコウサギウグイス個展
    「MR.SOON」
    会期 | 2011/7/22(金) ~ 24(日)
    開場時間  | 13:00 ~ 19:00  無休
    会場 | ZAP(瑞聖寺アートプロジェクト)
    〒107-0052   東京都港区白金台3-2-19  瑞聖寺内

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    松山修平個展
    「SHIN-ON」
    会期 | 2011/7/16 ~ 30(土)
    開場時間  | 10:00 ~ 18:30  日曜休
    会場 | オリエアートギャラリー
    〒107-0052   東京都港区北青山2-9-16

    115m9.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    南スーダン
    先週、南スーダンが独立したとのニュース。

    国連加盟もほぼ決まりだそうで193カ国目樹立となる。

    スーダンと言えば、すぐ近くまでは行ったことがあった。

    昔、若かりしとき、エジプトに貧乏旅行した。

    所持金2万円くらいでカイロからアスワンの先、アルシンベル神殿まで1ヶ月かけて旅したのだ。

    ヒッチハイクもしたし(エジプトで!)泊まるホテルも食事も移動もすべて一番安いところ。

    ホテルは安宿の廊下とか1食60円位で済ますし移動も各駅の三等車。

    なにしろアスワンからルクソールまで6〜7時間乗っても300円くらい。

    それでアブシンベル神殿見学が忘れられない旅になる。

    飛行機で行けば日帰りできるのだがもちろん高い。

    ところがアスワンハイダムでできたナセル湖を船で往復するコースがあったのだ。

    イカダみたいなボロ船をポンポン船(動力船)で引っ張りながらナセル湖をゆっくり進むのだ。

    3泊4日もかかる。

    もちろん船室なんてない。あるのは屋根のついた甲板と屋根の上。

    食い物は変なパンとお茶くらいしか売ってないから水と食材などは持参する。

    帰路にはその水もなくなりナセル湖の水をくんでフランス人の若者の持っていた消毒薬を入れて飲んだほど。

    それでも世界各国からやってきた観光客と今回独立した南スーダンへ向かう現地人たちで満員だった。

    どうもアブシンベル神殿の港は国境でもあったらしい。

    船がゆっくり進むと見渡す限り湖水と砂漠しかなくなる。

    360度人工物がなにもない。

    いや〜殺伐した光景かもしれないがその美しさにとても感動した。

    そして夜になるとタイコの音ときょう声が響き始める。

    それはスーダンに向かうヌビア人の宴会だった。

    彼らヌビア人たちの絹のようなきめ細かい漆黒の肌は美しかった。

    話はガラっと変わるが、自分のテーマのひとつは国という単位に着目し、もう一度その意味と役割を見直すことだ。

    なのでこのニュースは自分にとってかなり重要。

    自分の作品は国連加盟国193カ国と非加盟国がバチカン、コソボ共和国、台湾、ソマリランド共和国、キプロス・トルコ共和国、サハラ・アラブ共和国、クック諸島、ニウエ、パレスチナ自治区となっている(もちろんこの辺りの判断は微妙な問題が絡むので正確さは欠ける)9カ国で202カ国と考えている。

    それでなぜ国かと言えば、いいも悪いも現状、この国が基本で世界は成り立っているからだ。

    国という縦糸に民族や経済活動、思想や宗教などが横糸になってこんがらがって歴史は築かれてきている。

    そこで戦争が何回もおこり悲惨な歴史も繰り返される。

    アイデンティティといって最初に思いつくのはやっぱり国籍。

    自分は誰? ここはどこ?ってタケシのギャグがあったが、まず思いつくのは、自分は日本人ということ。

    決して関東地方人とか東アジア人とか地球人とか戦後生まれ人とか20世紀人とか現世人類とは最初っから思っていない。

    じゃあ、、、もし国がなかったら? 

    もし国の規定を変えたら?

    アートとは視覚表現で思想、哲学、歴史などなど目に見えない世界や概念を、色や形や行動で提示し問いかけ開拓していく仕事だと思っている。

    また言葉や音楽では伝わらないものは視覚表現で伝えるしかないし、的確に伝わる内容もある。

    だから202カ国を同じ大きさの人物画202点に例えて一堂に展示したらどうなるのだろう?と思い、現在、制作しているBlue atmosphere Seriesは生まれたのだ。

    今、秋の個展のために描いている作品が188点、もう少しで完成だ。

    あとハガキサイズの違う方法で202カ国を表現した作品も平行して製作中。

    ところで今度個展をやるスエーデンも2020年までに脱原発を国民投票で決定しているという。

    イタリアも国民投票で脱原発になった。

    そのスエーデンの脱原発を題材にした「ミチバチの羽音と地球の回転」(鎌仲ひとみ監督)という映画を最近知った。

    もう映画館ではやっていなくてググったら自主上映でやっているのを発見、来週都内にひとつ上映場所があったので予約した。

    改めて原発の復旧作業に従事する皆様の安全とご健康を祈ってやまない。
    113m9.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |