ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • コブラとエニシ
    去る5月28日、南スエーデン、ヘルシンボリに瀟酒な現代美術館がオープンした。

    その美術館の名前はYoshio Nakajima Meseum & Konsthall。

    この美術館は北欧で活躍する現代美術家中島由夫さんの業績をたたえ彼の作品コレクション展示とコブラグループなどの展覧会を開催、それにスエーデン伝統陶器ラウス焼きの工房、カフェなどが併設されている。

    それでも日本ではいくら現代美術が好きな方でも中島由夫さんを知らない方は多いと思う。

    ところが北欧、デンマークなどでは一年中、必ずどこかの美術館や大きなギャラリーで展覧会を開催しているほどの人気現代作家なのだ。

    中島画伯、御年70歳だがとにかく若い。

    今でもヨーロッパにいると一週間に1回はパフォーマンスもするそうだから恐れ入る。

    中島さんは戦後間もなくデンマーク、ブュルッセル、オランダなどを中心に活動していたコブラという前衛グループの第2世代に属し今の地位を築いた。

    そのためコブラの主要メンバーのアスカーヨルンやアレチンスキー、パナマレンコ、カールアペルなどとの交流やヘルマン・ニーチェとの共同生活、また三島由紀夫や篠原ウシオ、工藤哲身、オノヨーコからダダカンなどなどと親交があった。

    ネオダダオルガナイザーズの結成パーティにも参加したそうだし、自分なんて比べ物にならないほどの破天荒なパフォーマーなので日本でもヨーロッパでも何回となく逮捕されたり、とうとうオランダでは十数回の逮捕の末、国外退去。

    そしてアスガー・ヨルンの弟ヨルゲンナッシュを紹介されスエーデンに落ち着きその才能が開花した。

    そして今では世界中100以上のの美術館・公的機関にコレクションされている。

    ラウス焼きの工房ではロイヤルコペンハーゲンとのコラボレーションで焼き物も制作、その作品は数年前、スエーデン女王ビクトリアの結婚祝いにも贈呈。

    そんな彼の笑い話?は枚挙にいとまないほどたくさんあるが、日本のとある美術館で企画展ができないか打ち合わせしていたところ、美術館担当者は2時間くらいア〜デモナイコ〜デモナイ、とのれんに腕押しで最後に一言、うちの貸しギャラリーは開いているので貸しますよ!と言われたそうだ。

    詳しくは中島さんを書いた雑誌コラムをご覧ください。
    http://www.super-blue.com/product/p_niles05.html

    自分も海外で活動していて感ずることは評価はフェア。そして国籍や名前、経歴とかあまり関係ない。

    日本では学歴やら受賞歴やら家系やらがまぶしくて、もてはやされていても作品に興味がなければ相手にされない。

    逆に欧米は賛否両論、なんでも言葉に出さないといられないから日本のようにお世辞でその場を濁すような和やかさはない。

    数年前ベルギーの写真家アラーキーの個展では石を投げつけられギャラリーのガラスを割られたりもした。

    幸いにも自分はなぜかヨーロッパでは興味を持たれ、そういう嫌な目には遭っていないが、そのときはそれも評価の一つだと覚悟はしている。

    そういえばフリーシェイクハンズプロジェクトでは、ペニバンを弄んだり思いっきり握力比べみたいに握ってくるオチャメなオヤジとか若者がいるけど(笑)

    ところで中島さんにはじめてお会いしたのはすでに25年くらい前、偶然親戚に紹介を受けたのだった。

    その頃の自分はまだまだヒヨッコ、中島さんはすでにスエーデンで成功街道ばく進中。

    あまり自分はいい印象をもたれていなかったかもしれない。

    そんなで中島さんとの交流もそれっきりだった。

    ところが20年くらいたったある日、自転車でとあるギャラリーの前を通りかかったら中島さんの個展の看板をみかけたのだ。

    もしや?!と思い中に入るとその中島さんもいらっしゃってなんと再会!

    それから、雑誌にも書かせていただいたり再び交流がはじまり、とうとう今年の9月3日から日本人としてはじめて彼の記念美術館で個展を開催してもらえることになる。

    本当に縁(エニシ)とはどこでどう繋がるか、わからないものです。
    9CIMG2405.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    菊と中国
    現代美術は美術と名が付けどいろいろ巷にみかける絵と目的とするところはかなり違っている。

    現代美術とは例えば現在、アメリカの美術大学などでは、「視覚表現による美術、哲学、思想などの問い直しおよびそれらを考察すること」により重点がおかれているようだ。

    日本では、作る方も見る方も絵の被写体や描写技術に重点をおくことが多い。

    最近ではネットなどで映える絵や一発芸的なものがもてはやされている気もする。

    そもそも美術という言葉は明治6年のウィーン万博出品のためドイツ語のkunstgewerbe(英語ではFineArt)にこじつけた造語だった。(北澤憲昭「目の神殿」美術出版社)

    当時美術は工芸、デザイン、音楽、舞踊なものもすべてをくるめて美術と呼んだ。

    日本古画とは例えば雪舟の墨絵や狩野派や円山応挙など教科書にも載っているそれらの明治までの絵のことを言う。

    ちなみに日本画は明治になって西洋画と区別するため生まれた絵画分野だ。

    日本は有史以来、政治や文化、宗教など中国を手本にすべて構築してきた。

    中国がすべてにおいて優れていると思われ、権力者たちはそれらをこぞって吸収した。

    絵画の分野もご多分に漏れず中国絵画の輸入、模写に励んだ。

    むしろ中国の真似でないと絵画ではなかったくらいだ。

    御用絵師として長い間トップの座を占めていた狩野派の初代正信は、その頃人気中国画家たちの物まね上手でその地位を築けたのだ。

    だから盗作とか模倣に対するネガティブイメージは全くなく、画家のオリジナリティは二の次だった。

    なんかちょっと前の日本と中国の真逆のことが起こっていたみたいだ。

    閑話休題、大人の小咄を見つけた。

    菊や菊門、菊座というとお尻の穴を指すが、そのいわれは周時代の菊慈童の逸話から少年愛を指す言葉が、後に男色の花に転じたという。

    「裏門の菊を和尚、大事がり」(誹風柳多留)という川柳も残っていて笑える。

    ちなみにゴボウの切り口も同じ意味でよく使われていたらしい。

    また梅の花も一年で一番先に咲く花のゆえ、兄貴分に見立てられゲイの象徴でもあったそうだ。

    なんか風流でいいなぁ。

    参考文献:「江戸の絵を楽しむ」榊原悟著 岩波新書、「仏画の見方」中野照男著 吉川弘文館
    9CIMG2443.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    放射線測定値
    先ほどのブログで東京の放射線量のことを0.06マイクロシーベルトって書いたけど
    独自調査をしているRadioisotopeWEB(http://radioisotope.org/)での調査結果があった。

    だいたい都心部で0.15マイクロシーベルト前後という結果になっていた。

    各数値は下記サイトで見れる。
    http://maps.google.co.jp/maps/ms?ie=UTF8&hl=ja&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c665244,0&msa=0&msid=214909609623640182246.0004a222823c8883a468a&ll=35.88905,139.968567&spn=0.580764,0.940704&z=10

    結局、日本のだいたいの地域で0.1〜0.2くらいはあるっていうことだ。

    1時間あたりの数値だからずっと浴びていた場合の年間被爆量は一日0.15x24x365=1314マイクロシーベルト。

    とにかく公表、報道される数値のどれが正しいのかよくわかんない。

    特に最近のマスコミ報道は偏っているから何を信じていいのやら。

    まず自分を信じるしかないということなのだ。

    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    梅雨明け
    梅雨なのかジメジメしている割には雨が少ない今日この頃、明るい話はなかなか聞かない。

    かろうじてヤクルトミルミルが首位をキープしてくれているのが唯一の支え(笑)

    そんな中、沖縄ではすでに梅雨明け、観測史上一番早かったそうだ。

    今年の夏は水不足、電力不足、景気不足の三不足。

    なにせ今年は電気予報まで始まるというのだから。

    ついでだから放射線予報もすればいいのに。

    でもね、実は中国などの核実験の汚染もかなりあるらしいのだ。

    この期に及んで表に出始めている。

    具体的な数値が藤原新也さんのブログにあった。
    http://www.fujiwarashinya.com/talk/index.php

    ーーーー以下転載ーーーー
    <放射線量測定>
    石垣島、南東部、白保崎
    最小値 0.16マイクロシーベルト(以下略)
    最大値 0.37
    よく見かける値 0.16〜0.20
    地面と空間線量 差異ナシ

    石垣島北部 伊土名
    最小値 0.13
    最大値 0.30
    よく見かける値 0.18〜0.23
    三箇所で測定も同様の値。

    石垣島 港外
    最小値 0.02
    最大値 0.25
    よく見かける値 0.13〜0.16

    那覇空港外
    最小値 0.11
    最大値 0.27
    よく見かける値 0.16〜0.18

    先週、佐賀において私が先年撮った写真集の表紙を飾った森君の結婚式があった。  結婚した二人が石垣島に新婚旅行に行くというので旦那(九州大学の理工系)に線量計を持たせ、報告してもらった数字が以上の通りである。
    ーーーーー以上転載終わりーーーーーーー

    これも政府の隠蔽工作かもしれない。

    もちろん中国に日本は何も言えない、いや自国民にしか強気に出れない日本政府だからどうしようもない。

    ちなみに東京新宿の数値は現在0.06マイクロシーベルトくらいだからかなり高くないか?

    計測方法やら機器でずいぶんバラツキはあるのだろうが、東京で公表されている数値より何倍も高い。

    黄砂にまじって放射線物質が飛んできているという報告もある。

    御影石なんかも放射線が微量にあるし岩盤浴って放射線療法みたいなもんでしょう。

    あとラジウムやラドン温泉ってのもあったな。

    去年は本場イスタンブールのトルコ風呂に長くいたし東京までの飛行機でもレントゲン1回分くらいは被爆するという。

    そんなのことを考慮するもうとあまり浴びない方がいいのにこしたことはないかもしれない。

    といってもシャワーとはちがうからなぁ。浴びたくなくても浴びてしまうよ。

    もうなりに任せるしかない。

    よく言えばポジティブシンキング。

    ジョブス的に言えば、Stay foolish。

    そういえばバーン・ノーティスの主人公マイケル・ウエスティンことジェフリー・ドノバンって本田圭佑に似てないか?!

    9CIMG2414.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    AKBと扇
    地震が来る少し前、秋葉原のドンキに行ったらAKBショップがあったのでのぞいてみた。

    キラキラ輝く少年少女で盛り上がり圧倒された。

    その中にこんな少女グループのどこがいいのかさっぱり理解できない普通のオヤジがいた。

    小劇団もそうだがキャストスタッフが多い舞台は観客が多くなる。

    そして人気投票という射幸心をあおるシステムを組み込んでいることも戦略としてすごい。

    アメリカンアイドルの人気投票は大統領選より投票率が高いらしいからどこも同じだ。

    ふと思えば自分だってプロ野球のヤクルトファンで典型的昭和オヤジなのだ。

    ヤクルトが勝ったらその日のスポーツニュースをハシゴするし早朝の朝のスポーツニュースまでチェックするときもある。

    ネットじゃヤフースポーツのページでチームから個人選手の成績まで入念にチェック。

    アホじゃん!

    これじゃAKBをとやかく言う資格がないな。

    ところで去年、雑誌のお仕事で日本画家の河鍋暁斉について書いたことがあった。

    自分は現代美術は詳しいと自負はあるが日本の美術についてはおぼつかない。

    概略程度はもちろん知っているとは思うがなにせ、興味がわかないもんだから詳しく知ろうとしなかった。

    これは日本の歴史についても言えて特に鎌倉以降、安土桃山、室町と言われてもさっぱりなのだ。

    これは英語教育もそうだがきっと敗戦処理のため愛国心を育まないように意図されたアメリカ進駐軍の陰謀だと責任転嫁。

    だから図書館から日本美術に関する本を乱読している。

    それに剣術もはじめてすでに二年になったしサムライの知識やそれに合わせて華道、書道なども体験したり日本の伝統を再認識。

    ところで最近読んだ本の中に面白い話があった。

    日本で経済史的に店という形態が15世紀くらいから始まったらしく、当時公家の山科教言(やましなのりとき、1328〜1410)の日記「教言卿記」にすでに屏風や扇を買っている記述が残っているそうだ。(絵画の変/並木誠士/中公新書)

    当時の絵は公家大名寺社に限るものだと思っていたが町でも売っていたというから意外だ。

    それで有名な絵師のものを上品といい、名のないものは下品、町ものといっていたという。

    しかし価格は違うが下品な品も大名公家も購入していたというからそれほど悪い意味ではなさそうだ。
    9CIMG2444.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |