ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 雪の日に思うこと
    久しぶりに雪が降り積もる、、、とーきょー♪

    しっちゃかめっちゃかなとーきょーが白くなる、、、♪

    相撲八百長事件。

    なぜ、いま?

    朝青龍の暴力事件からつぎつぎ暴露する相撲協会の裏。

    そのおかげで愛知トリプル選挙がほんとんど報道されず。

    今まで閉め出されていたフリージャーナリストたちが立ち上げた自由報道協会。

    さっそく小沢代議士が首相会談のあとユースト会見。

    日本でもデモクラシーナウみたいな番組がそろそろできてもいい。

    聞いてみると自分の回りの人間もマスコミ報道を信じていない。

    それでも世論調査は?

    菅&仙石政府は新聞代を免税にする法案を進めているという。

    明日は絵の搬出だって言うのに!

    でもパーティとかイベントの日でなくてまだよかった。

    去年、コエジストのパフォーマンスのときは寒い雨空だった。

    今回のレセプションはいい天気で、会期中も雨が降らず全日、自転車で通えた。

    かなり電車賃を節約できたぞ。

    グーグルの中東マーケティングマネージャーがエジプト民衆デモの指導的立場にいたという。

    なんかきな臭い。

    石油が高騰すれば得をするのは?

    ムバラクの継承権争いでCIAが介入したという噂もあるし。

    でも人間の欲は示し合わせなくてもシンクロしてしまう。

    それが陰謀説としてまことしやかに伝わっているのかもしれない。

    現代アートだってどんなにメチャクチャしたって考え抜いたって、絶対どこかで誰かが同じアイデアを持っているものだ。

    ダビンチの飛行機だって種の起源だってワトソン・クリックのDNA構造だって早い者勝ちだった。

    08image10s.jpg
    A Landscape (Oil on canvas,42cm X 36cm) Photo by Akiko Sudo
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    個展を終えて
    個展が終わったがまだまだこれで終わったわけではない。

    絵の納品(これは嬉しい!)、記録の整理、サイトの更新、来客リストの更新などなど。

    実はまだ絵をギャラリーから引き取っていない。(宮本さんスミマセン!)

    部屋が狭いので絵がないその間に次回の大きな作品を描くつもり。

    昨日は作品を購入していただいたお客様に納品しに行く。

    すべて最初から最後まで自分でやる。これもアート?!

    まず白金にある大きなお寺へ。

    ここのご住職はとっても現代美術がお好きで話もとても面白い。

    ギャラリースペースもつくって若い作家に開放されている。

    来年は路面の大きな壁に壁画を描かせてもらうことになっている。

    先回もそうだったが昨日も話がはずみ気づいたら2時間も経っていた。

    次はオージュンさんが出品している版画展「阿波紙と版表現展2011」のオープニングに向かう。

    神保町にある画材の老舗文房堂ギャラリーだ。

    オージュンさんに個展のお礼をいい版画作品を見て回る。

    ここのスペースは広くて天井も高いので小さな美術館みたいだ。

    銅版画、木版などが並ぶ。オージュンさんの作品のタイトルが秀逸で、共通意識に心に響く。

    アーティストはだから面白い。言葉を越えてコミュニケーションできることだ。

    そのためには作家は絵を描く、と言う行為以外に日々社会や時代、思想や哲学、宗教、習慣、国家、人、親、愛などなど問題意識を覚醒していなければいけない。

    それがあるかないかは、すぐにわかるし、見抜かれる。

    アートは表面だけではない作家の奥深さが伴っていないとすぐに輝きが褪める。

    ひとしきり鑑賞したあと次の納品。

    後楽園の近くの待ち合わせ場所、ポエットカフェトーキョーに行く。

    ここは剣術の師匠の奥様がやっている店だ。

    小さなお店だがいろいろな絵が飾ってあり現代詩人でもある師匠、ジャズミュージシャンらと交友も広いのでこの店で錚々たるジャズミュージシャンとのライブもやってしまうのだ。

    さあ、次回からの個展も間近にせまっている。

    あとゲイサイであおひと君の「Free ShakeHands」プロジェクトの日本初披露。

    日本人はどんな反応みせルのか?!

    ポンピドゥー広場の時は中国人観光客にえらい受けたが、日本人以外は面白がるだろう。

    そんでもって中国でパフォーマンスやれないかな!

    なにせ馬六明っていう中国人アーティストも素っ裸でチンチンに洗濯機のホースつけて飯を食うすでに1997年ころ「晩餐」?っていうパフォーマンスをやっていた。

    このときの中国現代アーティスト連中は、欧米、日本ですでにやっていたことを大まじめにやっていたから笑える。

    なにせ情報がないから彼らは図書館にあったパフォーマンスの本で刺激を受けてやったというから純粋なのだ。だから確信犯ではない分、鑑賞に堪えるのだろう。

    と言っても、体中に蜂蜜と豚の脂を塗りまくってあの!中国の便所に座ってハエがワンワンたかっているいるだけのパフォーマンスなんて見てられないが、、、

    まあ、自分もアフリカの原住民のペニスサックからヒントを得たのだから、似てたことがあっても仕方ない。

    ゲイサイでも西武美術館のシブカル展中止みたいにならないか、少し心配。まあ性交描写じゃないから青少年育成法改正案とは違うから大丈夫。

    今回CMOSカメラをお面に内蔵して映像作品に仕立てたいとも考えている。

    (写真は青い大気新作展レセプションパーティ)

    「阿波紙と版表現展2011ー凸版・凹版ー」
    2/7〜12(土)10:00〜18:30
    文房堂ギャラリー
    千代田区神田神保町1-21-1 4F
    http://www.bumpodo.co.jp/

    IMGP2320 - コピー.JPG
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    青い吐息
    昨日で個展を無事終える

    2週間、毎日通い、いろいろな人とお話ができた。

    作品も数点売れ、このご時世、あまり期待していなかったのでとっても嬉しい。

    今回の会場ギャラリーゼロハチはホワイトキューブで銀座には広い空間でとても雰囲気がよい。

    レセプションにもほんとたくさんの人が駆けつけてくれてここ数年ぶりの盛況ぶり!

    ただしギャラリー自体新しいのとプロモーションがないため一見のお客さんが少ないのが残念。

    それにもかかわらず、入り口の小さな告知ポスターだけで上がって来る人が毎日いたのには感謝感謝。

    聞くとポスターの絵を見てビビッときたと言う。

    実は、この絵、時間が間に合わず仕方なく使った作品。正直、自分は?っていう気持ちだったのでヒョウタンから駒。

    しかし、前にも書いたけど、現代美術はブームだ。それにイラストとアートの境界もなくなった。

    ギャラリーをはじめたい人も多いし、現にはじめる人も回りに数人いる。

    中国などのオークションブームや世界はクールジャパンでアニメブームもその一因だろうけど、やっぱりアート、いい作品の本当の良さや面白さ、楽しみ方がだんだんと浸透しているのではナイだろうか?

    自分が発表をはじめたころなんて作品が売れる、なんてあり得なかった。

    去年、封切られた佐々木芽生監督のドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」の大ヒットも影響しているとも思う。

    25年以上ずっと続けてていまだ、アートだけでは食えない自分だから、若い人たちがバッと売れたりデカイ展覧会に選ばれたり有名になって悠々自適な生活で創作三昧しているなんて見聞きすると、メチャクチャ悔しいし自分の才能のなさ、世渡りの不器用さに自己嫌悪に陥ることもシバシバの女王。

    もう止めてどっか田舎に生きる道を見つけようか、とか筆を折ろうと思って気が狂いそうになることは一度や二度じゃさんどいっち。

    でもこうやって今回もとても自分の作品に感じてくれたり、下を通りかかってふと目にした小さな告知ポスターを見て上がってきてくれた人が何人もいると思うと、そんな過去の苦しみが跡形も消えてしまう。

    最近は行けるトコまで走ってやろうと覚悟を決めている。それでもう借金まみれ、発表もできず生活すらできなくなったら諦める。

    そのときはこのブログもずっと今の鈴木宗男さんみたいに日付が止まることなんだろう。
    (鈴木さんは出てきたら再開するんだろうけど)

    なんか話がとってもブルーになってしまった!

    そんなこと思うまに今月の24日からは現代ハイツで個展です。

    今回会期中、毎日自分の絵をみながら次回の新作の構想はつくってきたからすぐに制作に入らないと。
    08image09.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    あと三日
    展示会もあと三日。

    今日は暖かくて自転車で走っていても楽だった。

    夜の自転車、寒いモンね。

    今日、楽だったのは絵が売れたせいもある。

    去年もお買い上げいただいたコレクターの方が購入してくれた。

    将来、私設美術館をつくるそうで今、いろいろ集めていると言う。

    売れるってことは正直、作品をつくる者にとってとても大事。

    最近のアートブームのように売れなきゃダメみたいな雰囲気は少し?だけど。

    気づくのが遅いかも知れないがイラストレーションとアートの境界がなくなっていたのだ。

    昔は雑誌とか本とか媒体があったのがイラストでギャラリーで一点物がアート、みたいな棲み分けが暗黙のうちにあった。

    もちろん、いいものはイラストだろうがアートだろうが区別はない。

    最近は雑誌とか印刷媒体でイラストが活躍できる場もなくなってきたし。

    それせいかイラストレーターもオリジナルを売る。

    それが日本より海外で売れちゃう時代なのだ。

    オークションで高値もつくという。

    時代は変わった。

    でも、こういう現状がわかっていてやっぱりアートは違う、という意見も多かったことだ。

    アートは訴えかける力強さ、奥深さが同じ絵でも違う、と何人も話してくれた。

    とくにアラフォー以降の人に多い(笑)

    若い人たちには今回のような自分の作品は、難しいようだ。

    デモ、いろいろなものがあった方がいい。

    ところで最近、新橋、銀座の夜、アジア系のオネーチャンが酔っぱらいにハニートラップかけて裏通りに引っ張り込み、仲間たちにホールドアップされる犯罪が増えているという。

    ある人が被害にあって警察で言われたそうです。

    気をつけましょう!


    08image.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ニッポンがんばった!
    ニッポンが宿敵オーストラリアに勝った!

    日本も強くなったなぁ。

    以前はチーム全体から負けたらどうしよう、とか、勝てそうもないオーラが感じられたが今回の日本代表は自信とサッカーができる楽しさみたいな余裕が感じられた。

    素晴らしい!

    土曜のキックオフ前は個展のレセプションパーティだった。

    今回は寒い中にもかかわらずたくさんの人がきてくれて本当に感謝!

    どうもありがとうございました。

    昨晩は1階にあるスパンアートギャラリーの方と新橋の焼き鳥屋へ行った。

    彼は昔、ユリイカとか現代詩手帖なんかでよく読んだ某有名評論家のご子息。

    とても気さくな方で年も近いせいもあって現代美術の話やプロ野球など話が盛り上がってとても楽しい時間が過ごせた。

    今回は久しぶり会う友人たちも多くまた、現在のアート状況も毎日語り合える貴重な日々が過ごせている。

    とくに自分の作品はメインストリームからは離れているし、今で言うチャイニーズスタンダード&マスコミ志向的な売り絵ではない。

    でも少なからずメッセージを解してくれている人たちもいることにとても勇気を与えられる。

    とにかく続けること!

    では今日もこれからギャラリーへいって新しい出会いを期待しよう。

    08image07.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |