ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • 2日目を終えて
    個展が始まった。

    昨日は、アーティストのオージュンさんが開場同時に来てくれた。

    なんかとてもお褒めの言葉を連発され嬉しいやら恥ずかしいやら。

    でも作品を評価してくれることはこれ以上の励みはない!

    それとボランティアをしているセンターのミドリ工房の皆さんが大勢で来てくれて会場がしばらく満員状態。

    皆様、ありがとうございます!

    ところで国内外のギャラリーのウエッブサイトをいろいろ見ている。

    現代美術をとくにチェキチェック。

    でも日本はどっこのギャラリーも同じような作風の絵ばかりなのに驚く。

    具象だ。もちろん村上隆、奈良美智らの功績は見逃せない。

    マンガ系、ナイーブ系、ポップ、どれも同じ作家?と思ってしまうほど具象が多い。

    評論家風に言うと”スーパーフラット、ダーティ・リアリズム、”と言うのであろうか。

    おそらく現代美術系で80%は具象、コンセプチャルやハードエッジ系は10%にも満たないと思う。

    人と違うことをやるのがアートの要素のひとつだと思うのだが。

    ブーム?

    日本は絵が売れない、市場がないからギャラリーも食っていけないし

    アーティストもしかり。

    当然、売れる絵を描くしかない。

    おそらく中国の影響なのだ。

    今月のナイルスにも書いたけどチェン・イーフェイが昨年、クリスティーズで7億円で落札されたし、ゾン・ファンジの「マスク・シリーズ」は3億5千万円だ。

    とにかく中国の現代美術市場は恐ろしいスピードで発展している。

    そこで求められる絵は具象やポップな作風だ。

    富士山とかバラの花をかく日本画壇の洋画家はけっこう中国で食えるんじゃないか?!

    若かりし頃、友だちなんかと盛んに批判していた画壇や公募展。

    そこで描かれている具象画を売り絵だ、あんなのアートじゃない!と口角泡飛ばして盛り上がっていたころを思い出す。

    当時は作品が売れるなんてありえなかった。今とは雲泥の差。

    売れることは重要、必要不可欠だから否定はしない。

    自分は現代美術の世界をやっている。だからその視点で考える。

    欧米はバランスはまだ、とれていると思う。

    具象、抽象、構成主義コンセプチャル、ハードエッジ、ポップすべてを受け入れる底辺の広い市場があるからだ。

    でも最近、ヨーロッパの大きな展覧会やアートフェアをみるとやっぱり具象系、あとトレイシーエミンやキッペンベルガー系のインスタレーションも増えていた。

    でも構成主義みたいのもネオダダ、アンフォルメルなものもあるからブームで上がり下がりはあるだろうけどそれぞれ成り立つのだ。

    誰だって毎日、大好物ばかり食っていたら飽きる。

    アートだって同じことだろう。

    それにアートと装飾絵画、イラストは違う。

    ・・・と思っていたが、、、

    ところが今読んでいる「アート・マーケティング」辻幸恵、梅村修著 白桃書房には日本は歴史的に考察するとアートは「装飾であり遊び」だった、と言うのだ。

    目からコンタクト、じゃない鱗が落ちた。

    この本、面白い。サクッと美術の欧米と日本の歴史もわかりやすく解説してあり現在の日本の現状もわかっていいかも。



    でも自分はアートはメッセージ・哲学・イデオロギーだと思っている。

    時代から根を張り巡らして芽吹いた精神性、人を突き動かすエナジーだと思う。

    昨日もオージュンさんに熱く語ったのだけど、エナジーの乾電池、みたいなものだ。

    それは、ヨーロッパで死ぬほど現代美術を美術館や企画展で見ていて、感動するいい絵のすべてに言える共通項は、生きているような緊張感を発していることだ。

    描き損じに見えるようなほんの小さな筆のタッチでも、それがないと作品全体のバランスが崩れてしまう、くらいのハーモニーとバランスと存在感を持っている。

    それで最近、耳にするのが5〜60年代への揺り戻しだ。

    最近、MOMA(ニューヨーク近代美術館)の学芸員が日本に頻繁に来ている。

    版画でお世話になっているキドプレスやイタズリトグラフィックにも尋ねて来ている。

    その理由は、MOMAで今、大々的に具体美術の研究と本を出版するためらしい。

    また、他の美大教授曰く、ヨーロッパで具体の再評価がおこっているらしく企画展もあるという。

    つまり今まで盛況だった流れが変わりつつあるともいえるのだ。

    個人的には、アンフォルメルの再来的なアン・フィグラティブ、もしくは抽象でも具象でもなく非抽象具象?みたいな流れじゃないかと勝手に想像している。

    またインドが中国の次に台頭しそうな気配がある。

    ポンピドゥーセンターで今年の5月には大きなインド特集の企画展があるというしアニッシュ・カプアの次世代バルティ・カールやスボード・グプタなど世界的に活躍している。

    それにインドでの現代美術オークションの売上も中国に続けとばかり、急上昇中だ。

    もしこれから現代美術で投資するなら具体美術かインドアートだ。

    もちろん自己責任でお願いします。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    制服
    土日をかけて展示作業を終える。

    腰の痛みも、ゴールドジムのウエイトベルトを締めてなんとか克服。

    いい感じに仕上がった。

    まず自分が納得しないとね。

    今日から12日間、毎日通うことになる。

    交通費節約で自転車通勤だ。

    今は雨が少ないから助かる。

    昨晩は、銀座で展示を終えると次の個展会場の下北沢にある現代ハイツに向かう。

    もうあたりは暗かったのと初めてのコースなので道に自信がない。

    交番を見つけては道順を尋ねながら向かうがおまわりさん親切な人もいれば、横柄な人もおり、ご苦労様です。

    最近、制服姿の人が目立って増えている。

    ある意味、雇用政策だろうが、警備員、駐禁検査員、警官などなど。

    とくに昨日は日曜の夕方。人通りは少なく余計に目立つ。

    一斉検問も多かった。

    また、データ保存用ハードディスクが逝かれる。

    今回はなんか怪しいゾ!という予感があったのですかざずバックアップをしておいたので安心。

    機械はいつかは壊れる。

    今朝、曇っているけどヤフー天気では午後から晴れ、週間天気でも大丈夫そうだ。


    <個展>
    ホルモン関根「青い大気」新作展
    会場:ギャラリーゼロハチ(零∞)
    会期:2011年1月24日(月)〜2月5日(土)
    12:00〜19:00(会期中無休・30日、2月5日は18:00まで)
    入場無料
    Opening Reception:1月29日(土)18:00〜20:00
    ※飲食ご持参いただければ助かります!新年会かねちゃいましょう!

    〒104-0061
    東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル8F
    http://zero8.jimdo.com


    08image5.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    中島由夫展をみる
    明日、個展の搬入だ。

    ところが先週になったぎっくり腰の具合がよくならず。

    ジムで重い物を持ち上げるとき使うウエストベルトを巻きながら作業をしております、、、涙

    それに今週になって急に新たに描き直しをした作品もあって余裕もなく。

    でも描き直したことは正解だった。

    いつも作品を描き終えるとそのときは納得、満足するのだが、少し時間が経つと

    ???

    やっぱりけっこう薄い絵だったりつまらないものになっている。

    それは振り返ると、まだ数日間は記憶が持続する、ときもある(笑)、脱線したが、なんか作品について考えてることが多い。

    つまりなにか小手先でうまく賢く描こうとしているのだ。

    だいたいそう言うときの作品はそのときは、ヤッターまん!っていう気持ちなんだが時間が経つとすぐに輝きがなくなっているのだ。

    いい作品の条件はいつまでたっても、いつ見ても新鮮、さわやか、パワー満タンエナジーみたいな麻薬なみのコカインxヘロインxズブロウォッカxシャルトルーズxハバネロ

    くらいの強さがないとモナリザやパルセノン神殿や奈良の大仏には勝てない!

    ところで月曜にスエーデンを拠点に活躍している中島由夫さんの個展を見に行った。

    中島さんは偶然、イタリアから帰国してすぐに親戚のご紹介に預かった画家&パフォーマーだ。

    自分なんか比べものにならないくらいヨーロッパを放浪して成功したアーチストだ。

    以前、雑誌にも書いたことがあるが、オランダで食えないので持ち歌が”上を向いて歩こう”一曲だけでバーやレストランで歌を歌って稼いだり、政治活動に巻き込まれて国外退去をくらったりなどなどハチャメチャな生き方をして来ている。

    日本でも中学出るとするぐに上京、16歳のときすでに路上で自分の絵を売っていたというからスゴイ。

    そのときオランダの美術教授に偶然、面白いやっちゃ!って知り合って、後に彼の誘いでオランダの大学に行くことになる。

    人生、どこで何が縁になるかわからないです。

    ところで自分もそうだが、ちょっとステージがあがると鼻も高くなってしまう。

    中島さんのすごいところはメチャクチャ謙虚でほんと絵が好きだ、楽しい、ただそれだけの天真爛漫な性格なのだ。

    スエーデンではとにかくスゴイ人で女王の披露宴で作品をプレゼントしちゃうくらいなのだ。

    あと国が財政難で維持できなくなったラウス窯というスエーデン唯一の伝統陶器の工場も自分の作品が何億円で売れて、そのお金でその工場を買い取って国の代わりに守ってあげたり。

    とにかくいくつになっても常に自分の夢をすぐに見せられるように準備しとくことと、どんな小さなことでも全力投球、あと成功しても初心忘れず、なんだって改めて実感。

    ところでこの世阿弥の言った初心忘るべからず、って初心の志、気持ちを忘れるな、っていう意味じゃなくて、本当は初心の時のように失敗したことそのときの悔しさや屈辱感を忘れるな、という意味らしい。

    まぁ、どーでもいいけど、搬入の準備をしなくちゃ。最近、集中力が長続きしない(爆)

    中島由夫個展開催中!
    ギャラリーコンセプト
    会期:1/15〜2/1 11:00〜19:00
    港区北青山3-15-16
    http://www.g-concept21.com

    201101_pic_d_05.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    ガラアー
    最近、テレビも雑誌も見なくなった。

    あまりにもマスコミとネットで言う情報がかけ離れているからだ。

    もちろん経済的な理由もあるけど、、、

    以前は新聞をとっていてすでに止めて2年もたつのにまだ勧誘の電話はかかってくる。

    販売店の人たちが悪いわけではないので新聞社の批判などおくびにも出さず丁寧にお断りしている。

    テレビはアパートのアンテナを地デジ用にしたらしく映らなくなった。

    シャープの液晶アクオスなのに地デジ対応じゃない。

    かなり安かったからなぁ。

    安いものにはなにかしら理由はあるのだ。

    だんだん自分もガラパゴス化している。

    ってガラケーとかリア充とか最近の流行語もわからなくなった。

    来週から個展だ。

    ガラケーと言えば日本のアートもガラパゴスだ。

    それでもアートマーケティングとかコレクターとかちゃんと理解して楽しんでいる人はいる。

    やっぱり家賃かな。

    日本は地方はともかく家賃が高いのが作品制作の障壁なのだろう。

    アトリエ欲しい!

    <個展1>ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    ホルモン関根「青い大気」新作展
    会場:ギャラリーゼロハチ(零∞)
    会期:2011年1月24日(月)〜2月5日(土)
    12:00〜19:00(会期中無休・30日、2月5日は18:00まで)
    入場無料
    Opening Reception:1月29日(土)18:00〜20:00
    ※飲食ご持参いただければ助かります!新年会かねちゃいましょう!

    〒104-0061
    東京都中央区銀座2-2-18 西欧ビル8F
    http://zero8.jimdo.com

    最寄り駅(プランタン銀座そば):東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」(4番出口)、丸ノ内線「銀座」、JR有楽町駅





    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    スーダンとTTP
    スーダンが分裂、新国家誕生とニュースで知る。

    これで203国目の国家樹立とあいなるのでしょうか?

    ちなみに現在UN加盟が192カ国。

    もし自分の情報が正しければスーダン南部が独立してUNが認めれば193ヵ国目だ。

    ずっとずっっと昔、エジプトに行ったときアブシンベル宮殿までナセル湖を船で往復する2泊3日の旅をした。

    船といってもデカイいかだみたいな木造船をポンポン船で引っ張っていく。

    飛行機では日帰りだけどとても高い。

    でも思い出に残る船旅でした。

    360度見渡す限り湖と砂漠しかない風景は感動的でした。

    その船はアブシンベル宮殿でスーダン行きに乗り換えられるのかスーダン人(ヌビア人)も多く乗っていて夜になると船上パーティをはじめた。

    それがジャンベみたいな打楽器をたたいて踊るだけだったがとっても美しかった。

    先週、雑誌のお仕事でフランスの現代美術家グザビェ・ヴェイヤンの個展の取材に。

    会場は表参道のヴィトンビルの7階にオープンしたエスパス ルイ・ヴィトン東京。

    彼は2009年ジェフ・クーンズの次にヴェルサイユ宮殿で個展をやった。

    それで一躍世界の注目を浴びた47歳。

    あの村上隆やMr.、青島チホも抱えるギャラリーエマニュエル・ペロタンのアーチスト。

    いいよなぁ、、、、汗

    まあまあ、回りは気にせずゴーイング・マイ・ウエイ!

    金曜夜には青山ル・バロンでグザビェ・ナイトなるクラブイベントもやっていた。

    残念ながら首が回るようになったらぎっくり腰になったのでお家で安静、原稿書き。

    まったくスポーツ選手なみに体がボロボロ。

    どうしたんだろ〜エエエッエッ〜筋肉ボロボロだぜぃ♪

    ところでボーンズというアメリカのTVドラマがあるが、その女性法医学者役の主演女性が気づくとプリズンブレイクで悪役女スナイパーとソックリ。

    でもさすがシーズン4ともなるとマイケルもちょっと太り気味。

    今度は恋人サラが刑務所入って、またまた脱獄を企てるって千日手のようなストーリーだ。

    まあ、どうでもいいけどアメリカのTVドラマって思わず見ちゃう。

    オバマがなんか影薄いけど最近TPPで賑やかになっている。

    TPPでもFTAでもHISでもPPCでもWHOでもTWAでもWCでもやってくれ。

    どんどんドル安、海外流出、デフレ加速で日本沈没。

    テレビってそう言う意味でアトミック・ソフト・ボンバ・サンバ・ナイヤガラだね。

    地デジだってNHKの技術でビビってアメリカ仕様を押しつけられた。

    いっそう、アメリカのパスポートも発行しろって。

    間接的に国債通してアメリカにも税金払ってるんだからそれくらいいいだろってせいぶライオンズ。

    そういえばネットに出ていた石原都知事を批判する赤川次郎のコラムが痛快。

    (〜中略)
    そういえば、先日石原都知事が同性愛者について、「やっぱりどこか足りない感じがする」と発言するのを聞いて唖然とした。こと芸術の世界に限っても、同性愛の人々がどんなに大きな役割を果たしてきたか。

    さらに私が驚いたのは、この差別発言を批判するマスコミがほとんどなかったことだ。相撲に勝った横綱がガッツポーズをしただけで「品格がない」と文句をつけるのに。「品格」を求める相手を間違えてないか。「品格より力だ」というなら、ナチスドイツが同性愛者を弾圧したのと、全く同じ発想である。

    文豪トーマス・マンは75歳のとき、たまたま泊まったホテルの若いボーイに激しい恋心を抱いて苦しんだ。マンを敬愛していたルキノ・ヴィスコンティも同性愛者だった。「どこか足りない」のは、発言した当人の方であろう。
    (朝日新聞2011/01/13夕刊)


    3252.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |