ARCHIVES















    • Contemporary Art 2.012展
      記事掲載
















  • イスタンブール滞在記 4
    ハマムですっかり温まったのでこのままガラタ塔へ行くことにした。

    スルタンアフメット駅からアジア側イスタンブール中心地を横断するTRAMVAY(トラムヴァイ)に乗る。駅へ向かう途中、レストラン街で客引きが次々に声をかけてくる。中には流ちょうな日本語で話しかけるボーイもいて一瞬、足が止まってしまう。

    トラムの乗車賃は全線1.5TL(約85円だが2日後に1.75TLに値上がった)。ルーレットに使うチップと同じようなプラスチック製のジェトンを駅の近くの自動販売機や店で買う。駅は一般道に併設されているからそのまま乗ることも出来る。各駅に係員はいるのだが誰も無賃乗車をするような者はいない。

    ガラタ橋を渡ってキャラコイ駅で降り急な坂道をのぼっていく。イスタンブール市内には東京ではあり得ないほどの急な坂が至る所にある。自転車が普及しないわけだ。

    ネットに書かれていたのだがこのあたりに公娼街があるらしい。でもそのようなところは見あたらなかった。

    丘のてっぺんにたどり着くやいなやライトアップされたガラタ塔が視界に飛び込んできた。高さ64m。6世紀に灯台として建てられ14世紀に立て直され幾度かの改築を経て現在に至るそうだ。

    塔の下には観光客の長い列が出来ていたので昇るのを諦める。すると遠くから民族楽器の音色が響いてきた。それは広場でサズと言うトルコの民族楽器を奏でる若者グループからだった。

    彼らは自分たちが興味深げに眺めているのに気付くと話しかけてきた。日本からきたと言うと喜んで再び演奏しだした。一人が踊り出し手招きするので自分も明日のパフォーマンスの肩慣らしと思い見よう見まねで踊る。それを面白そうに眺める人たちの笑い声が上がる。

    彼らはトルコの首都アンカラから遊びに来ていると言った。三味線奏者ワカンさんはサズを借りていろいろ弾いてみている。乾いた、でもとても哀愁のある弦の音色が夜のイスタンブールに響き渡る。

    さあ、明日はパフォーマンスだ。再び急な坂道を下りながら気持ちが引き締まっていくのを感じた。

    この2年間、4カ国で上演している。チェコ、ハンガリー、セルビア、フランスそして今回のトルコが5カ国目だ。しかし何回やっても緊張する。もちろん日本で上演する場合もその感覚は変わらない。

    いつも上演前はスポーツ選手のイメージトレーニングのようにパフォーマンスの流れを思い描く。ただスポーツ選手とまったく違う点はそのための練習をしないことだ。共演者とはおおざっぱな流れを書いた絵コンテなどでキッカケや構成を説明するだけだ。演劇のような台詞の入った台本はもちろんないしダンスのようなコレオグラフィーもない。

    今まで最高で2回ほど練習をやったぐらいだ。今回は来る前に1度だけキッカケ合わせをやった。本番はあくまでも即興である。なぜならリハーサルとか稽古をするとエネルーギーが減ってしまうのだ。そのときに全霊全エネルギーを放つ。

    慣れが一番怖い。緊張感と不安に押しつぶされそうになる状態を保つのだ。今までの経験ではその重圧があればあるほどいい結果が残せている。

    そのかわり日々の筋トレやランニング、剣術、ヨガなどの体作りは欠かさない。鍛えることでエナジーを蓄積させる。

    もちろん食べ物にも神経を使う。基本的に菜食中心。食べ物は大切だ。

    人間も宇宙のとてつもなく巨大なサイクルの一部にいる。素粒子、原子、分子、細胞、生物、地球、太陽系、銀河系、全宇宙がすべて大きなエネルギーの共振の中で調和している。

    だからそのリズムを忠実に受け取り伝えることが大事だと思っている。そのためにはなるべく自然な大地と太陽や水に多くふれたなるべくリズムのブレの少ない食物を口にすることが大事なのだ。現在では難しいことだが心がけることだけでも必要だと信じている。

    明日は10時の送迎バスで会場へ向かう。
    さあ、ホテルに戻って明日の荷物の準備でもするか!

    続く

    写真はガラタ塔とサズをひくアンカラの若者とワカンさん

    06garata.jpg

    05garata.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(1) | trackbacks(0) |
    イスタンブール滞在記 3
    旅に持っていたACERモのバイルパソコンはタッチパネルがおかしくてすぐにウエッブのCGIページが前のページに戻ってしまい、それまで苦労して書いた文章が全部消えちゃうわ、ポインターがあっちこっちに飛び跳ねて使いツライったらありゃしない。

    その上、普段はマックなので、現地でブログを満足に書けないまま昨日、帰国。

    これでやっとちゃんと書けるので前回の続き行きます!

    イスタンブールは鉄道などの公共機関が市内中心部以外はほとんど発達しておらず、みんな車を使っている。だから三車線ある高速道道路も四六時中、渋滞状態。

    車はフィアット、ルノー、オペルが圧倒的に多い。国産車はトヨタとホンダが少し。ニッサン(こっちではダッツン)やハンガリーでは多かったスズキなどほとんど見かけない。

    こんなに車社会の割にはガソリンは高い。3.7トルコリラ(約208円)だ。

    バイクも少ない。自転車になるとまったく走っていない。

    だから近郊に住む市民はバスを使う。バスにも乗り合いタクシーのような小さなものからミニバス、普通のバス、トラムバスという専用レーンを走る電車のかわりのような三両編成の大型バスまでいろいろな公共バスがくまなく走っている。

    自分たちはTUYAP会場から20座席くらいのミニバスに乗り込む。運転はすさまじく携帯電話で話しながらバンバン飛ばす。車掌がいて料金を徴収しながら停留所ごとに声を張り上げる。

    なぜか自分たちは乗車券を求められずにタダ乗り。車掌にどこまで行くか尋ねられても英語が通じないのでガイドブックを示しジェスチャーをまじえながら意思疎通をはかり乗り換え駅を確認。なんとかたどり着く。

    イスタンブールは長い間の経済難、かつ急激な人口集中と発展、そして細長い金角湾とボスポラス海峡のふたつの海が横たわり鉄道などの交通網の建設が難しいので車に頼るしかないようだ。

    25年くらい前に来たときはうろ覚えだが中近東の小都市の印象だったが現在は巨大なモダンなショッピングセンターがあちこちに立ち高層ビルがモスクのミナーレ(尖塔)のようにあちこちに林立している。

    現在イスタンブールの人口は1300万人くらいで25年間で倍以上になっているそうだ。

    バスと電車をふたつ乗り継いでホテル近くのスルタンアフメットまでたどりつく。明日からは展示会で自由時間は今日と最後の日しかとっていない。ガイドブックで古いハマム(トルコ風呂)が近くにあるのを発見。時差ボケと旅の疲れを癒しにさっそく行くことにする。

    小雨の中、ジャーロウル・ハマムを探す。イスタンブールでは道の名前がヨーロッパの街のように表示されていないから探すのが大変だ。

    やっとたどりつき古式ゆかしき大理石の立派な玄関のジャーロウル・ハマムを見つけ入る。値段を聞くと2年前のガイドブックの倍になっている。3コースがあって素入浴40リラ(2300円)とアカスリ付60リラ(3400円)、アカスリ&マッサージ80リラ。高い!

    なんと値段表には日本語もあった。アカスリを三助と書いてあるのが笑える。もちろん女性用のハマムもある。

    自分は一番安い素入浴にする。エントランスホールの中央には大理石の大きな噴水があり、囲むように1、2階に小部屋がいくつも設けられている。

    奥に進み、下足番にチケットを渡すと2階に並ぶ部屋のひとつを教えられ着替える。2畳ほどの部屋にはベッドがあり腰巻きが用意されていた。素っ裸にそれをまとい扉に鍵をかけて再び下足番に戻るが、その姿は入ってくる客から丸見えだ。

    このハマムは1741年創業ですべてがアンティークなかなり年代を感じさせる木と大理石でできていてアラベスクなデザインが何とも言えない異国情緒を感じさせる。

    係の人に小さな石けんをふたつ渡され腰巻きをつけたまま浴場に入る。

    中は薄暗くとても湿めった生暖かい空気に満たされ、すべてが大理石で丸天井に小さな丸窓がいくつも開き小さなモスクぐらいの広さがあった。中央には直径6メートルくらいの六角形の寝台?があり先客がその上で思い思いに寝そべっている。

    浴場全体も六角形で壁際には蛇口2つと水受けが並んでいる。シンクにはシンバルを深くしたような真鍮製?の手桶がひとつ置いてあった。それで水を汲んで浴びる。あちこちにトルコ人の三助にアカスリやマッサージを受けている客がいる。

    生暖かい中途半端なサウナの印象で物足りなさに少しがっかりした。もちろん湯船なんてない。仕方ないから中央の寝台に寝そべる。天井から水滴が顔に落ちる。

    あれれっ?! だんだんと体全体が暖まってくる。熱くなってきたので壁際の洗い場でもらった石けんで体を洗う。この石けん、ショウガとジャスミンの混ざったようなさわやかな香りがしてとてもいい。

    壁上に案内板が掲げてあり、チップを払う必要はないと丁寧に書いてある。三助へのチップのことだろう。基本的にトルコはチップの習慣はないらしい。

    だんだんとリラックスしてくる。一箇所、小さな部屋がありそこだけがサウナのようにかなり熱かった。

    う〜ん。かなりイケるぞ。熱くないのが物足りないが室温が低いせいで長くいられる。寝そべってはお湯をかけてを繰り返し、すっかりリラックスしていて、芯底温まってとても気持ちよかった。

    入り口にはここを訪れたF1レーサーからハリウッドスターなど著名人のサイン入り写真がたくさん飾ってあった。

    外に出ると風はまだ強かったが雨は上がっていた。

    ※写真はハマムエントランスホールと玄関(小さくてわかりにくい)
    hamam.jpg

    hamam_entrance.jpg
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(1) | trackbacks(0) |
    イスタンブール滞在記 2
    大雨の中タクシムスクエア一帯の中心街を歩き回わり宿泊先アナドールホテルに帰ることにする。

    アナドール(ANADOLU)とはトルコ語で現在のトルコがある西アジアのアナトリア半島のことだ。

    このホテルはイスタンブール行きが決まってネットで探して予約した。場所も部屋も値段からいって悪くない。なにせ9泊するからなるべく安いところを探したのだ。

    ホテルに着くと主催者から電話が入っていたので連絡をとり翌日の段取りをお互い片言の英語でやりとりするがホテルのスタッフは主催者より話せたので最終的に通訳してもらう。

    朝、起きると雨は小ぶりになっていた。朝食をすませ待ち合わせ場所のタキシム広場へ。前日、傘を壊しながら街中を歩いていたのが幸いして辿り着くことができた。

    ついにワールドワイドアーティストフォーピースの主催者に対面。お互い感動のハグ。ここ3カ月メールでやりとりしていたので旧知の仲のような感覚。

    トルコ人の彼女は50半ばくらいで指導職をリタイアしてアーティスト活動を続けているとても気さくでパワフルな女性だった。

    彼女の車で今回の会場のTUYAP(国際会議場)へ向かう。

    イスタンブール市内もそうだがどこへ行っても渋滞がすごい。ここは鉄道など交通手段が整っていないので移動は車しかない。ひとつの理由は起伏の激しい地形や金角湾やボスポラス海峡などが鉄道などのインフラ整備を邪魔しているのだ。

    途中の景色はまるで日本と変わらない。大きなショッピングセンターや高層マンションやらが立ち並び東京近郊にいるのかと錯覚してしまう。時折り空に突き刺さるような尖塔とモスクが現れてトルコだったと現実に引き戻される。

    会場は幕張メッセやビッグサイトと変わらないくらい立派で大きな国際会議場だ。中に入るとドでかいホールに展示作業をする工具の音が鳴り響いている。

    思っていたよりぜんぜん規模が大きく飾ってある絵も質が高い。やはりどこかに中近東、イスラム文化圏のイメージがあったことは否定できない。

    アートフェアと同時にブックフェアも開催され、どちらかというとブックフェアの方が有名だそうだ。

    イスタンブールアートフェア/ARTIST2010 にギャラリーは言わずもがな企画展示も合わせて開催されている。自分が招かれたグループもこのARTとISTANBULを合わせたARTIST2010 に選出されているという。

    とりあえずパフォーマンスをやる場所を確認、スケジュールやら備品のチェックをし展示の手伝いもした。

    自分たちは一足先に帰ることにしたが市内へ戻る手段がひとつしかない。明日開催されれば送迎バスが運行するがそれまではローカルバスを乗り継いで戻るしかないという。

    バス停まで送ってもらいミニバスというマイクロバスの路線バスに乗り込む。ほとんどわからないトルコ語ではたして無事辿り着けるだろうか。

    続く
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(1) | trackbacks(0) |
    イスタンブール滞在記 1
    イスタンブール滞在2日目の今日も雨。

    今回も格安チケットのアエロフロート。

    今までリムジンバスだったが日暮里から京成線特急を使うと半額以下、時間もそれほど変わらないのを知り今回電車を乗り継ぎ成田へ向かう。

    荷物が重いが筋トレ、ランニングで鍛えている成果がこういうときに役に立つ。

    途中、日暮里駅でサラリーマン同士の取っ組み合いのケンカに遭遇。ラッシュアワーなのかみんな見て見ぬふりで迷惑そうに通り過ぎる。

    ずいぶんストレスがたまっているのだろう、パンチもファイティングポーズも小学生並みだ。あのパンチじゃあたっても自分の指を痛めそうと思いながら先を急ぐ。

    空港に着くとヨーロッパ便の安さが評判だけのことはあるアエロフロートのカウンター前にはすでに長蛇の列。今回、三味線プレイヤーワカン氏がすでに先に待っている。

    モスクワで5時間余り待ち時間があったのでモバイルパソコンでネットにつなげるとホテルからのメールを受信。

    今晩からの宿泊で送迎サービスも予約したのだが、なんと明日の晩だと思われている。

    あわてて返信するもなぜか送信できず、携帯のメールで今晩着を知らせる。それでも不安なので電話をかけて送迎サービスと宿泊の確認ができて一安心。

    イスタンブールに着くとちゃんと送迎サービスが迎えてに来てくれていてホテルに着いたのがすでに二時過ぎ。

    翌朝、ホテルの朝食はシンプルなバイキング。日本では高かった真っ赤なトマトが取り放題。チーズや好物の塩漬けオリーブも食べ放題だ。

    しかし外は残念ながら大雨。それでも街の中心、タキシム広場へ向かうことにする。傘がなかったがダイソーで買った100円レインコートを羽織る。

    しかしまったく役に立たないのがすぐに発覚。それほどの雨足と強風。まるで台風のようだ。明後日からはアートフェアが開催されるけど大丈夫なのか?

    とにかく地理を把握するため中心街を歩き回る。途中、スーパーを見つけて水とチョコと300円弱の女性用折り畳み傘を買う。

    トルコの物価は少し安いぐらいで日本の7,8割くらいか。でも地下鉄や路面電車(トラムバス)は全線85円くらい。

    街のあちらこちちらにモスクの尖塔がそびえたつ風景はヨーロッパとは趣を異にする。イスタンブールは二回目の訪問だが、前回はギリシャ留学中だったのですでに30年近く経つ。当時の面影はブルーモスクやアイヤソフィアの遺跡くらいか。

    風と雨足はますます激化し一時間もたたないうちに傘は破壊される。途中、今回参加するWorldWide Artist For Peaceの主催者に電話するがつながらない。だんだん悪天候も重なって不安が募る、、、、

    今日は2日だけど忙しいのと毎日疲れてなかなか続きが書けない。

    続く 


    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |
    醜いアヒルの踊り
    ヤフーニュース「醜いダンスのワールドカップ」でドイツが優勝、という記事があった。

    (以下引用)「最高の醜さと、ひどい見た目、独特の動きに説得力があった」と評価。また「かっこよくダンスするのは簡単だが、醜いダンスは芸術だ」として、醜いダンスは必ずしも悪いものではないと述べた。
    (引用記事を読む)
    うんうん!ロイターさんもたまにはいいこと書くねぇ。

    きっと優勝したグループはうまい連中が下手な醜いダンスを真似るんじゃなくて、本当に一生懸命、クールに踊ろうと思っていてもできなかったのだろう。

    昭和47年に関西で現代美術家吉原治良が中心になって具体美術協会というのが設立された。

    これは後に世界的に有名になるのだが、人に出来ない真似のないことをやれ、それが芸術だ!という団体だった。

    具体とはそもそも、我々の自由な精神を具体的に提示する、ということから創立メンバーだった島本昭三氏がつけたと言う。

    彼らは絵の具を投げつけたり、大砲で撃ったり泥レスリングのように絵の具と格闘したりとにかくデカくしたり穴をあけたり手当たり次第、試みている。

    そこにオリジナリティというのがわき出してきて人を揺り動かしてポロックやアラン・カプローやら世界から逆輸入された。

    島本氏は、現代美術の歴史とは伝統という受け継いでいく歴史では全くない、今までにないもの、美術館にないものを作りだすことの繰り返しが歴史だという。

    80年代、クッキ、クレメンテ一、キアの3Cを世に出したトランスアバンギャルドの批評家アキーレ・ビットリオ・オリーヴァは、美術史とは美術館に羅列されているなにものでもない、といった。

    つまり伝統とは真逆の伝統を壊す真似でない作品、メッセージ、表現方法の開拓史なのだ。

    と言っても真似でないものを作り出すことほど大変で困難なことはない。

    ちょっと考えついたことなんてすでに何十年も前にやっている人がいるものだ。

    だからアートは歴史に残るしとてつもない金額で取引されるのだ。

    ところで最近、小林正人の作品に興味がある。

    シューゴアーツで定期的に発表している。

    作品は木枠にキャンバスをわざとしわくちゃに張っているだけだったりそれが銀色だったり、今回はしわくちゃなキャンバスに少しだけ絵の具がついている。

    二年前、見たときは、なんだこれは? と拒否感、嫌悪感が強かった。

    ただゆがんだ木枠にキャンバス地がいい加減に張られているだけの作品なのだ。

    もちろん誰にでも作れる。

    一緒にいた友人は、これが作品なんですか?!とあきれていたが、自分も同じような感想だった。

    ところが今回見たときは印象がとても違うし感じるものがあるのだ。

    くだらなさ、ばからしさ、人を食ったような不真面目さ、それが面白いのだ。

    すると個展のタイトルが「LOVE もっとひどい絵を!美しい絵 愛を口にする以上」とある。

    「もっとひどい絵を!」という言葉がいい。

    こんな人を馬鹿にした作品だが120万円くらいして何枚か売れていた。

    おそらく美術館かよほど目利きなコレクターだろう。

    でも素晴らしいことだ。こんな日本でも、いい作品をわかる人がいるのだ。

    すみません、自慢じゃないが自分は目利きです(笑)

    だったらそういう作品つくれって言われてしまいますね、トホホ。

    やはりアートは、ただかっこいい!きれい!かわいい!肩書がスゴイ!技術が上手い!じゃすぐ飽きる。

    そんな作品は現代のとてつもなく回転の早い流行のなかで一年、パワーを出せたら立派だろう。

    二年たっても二十年たても二百年たっても、なんじゃこりゃ?!っていうものがイイのだ。

    だから面白いのだ、それが本当の芸術なのだ。

    さて、明日から飛んでイスタンブール!アートフェアで上演。

    ところで自分も醜いダンスワールドカップに出場すればよかった。

    今回もいかに馬鹿らしさをアホらしさを醜さをトルコの人々、アートフェアに来る世界中の人々に訴えられるか!

    最近、変な自信がわいてきたあおひと君ですた。
    HORMONE SEKINE OFFICIAL SITE | comments(0) | trackbacks(0) |